個性筆文字協会から個性筆研究所へ

2017年より個性筆文字協会は『個性筆Lab』と新しく団体名を変えて活動することになります。

それに伴い、今までの形とこれからの新しい形についてご説明させてもらいます。

今までの個性筆文字協会という形

2014年1月より、個性筆®というツールを使える個性筆インストラクターを養成講講座と認定試験によって養成し、個性筆を教えられるインストラクターを増やすことで、インストラクターさんに可能性を作り、世界中に個性筆で自分の個性を取り戻す人を増やすことを目的に活動してきました。

しかし。

ピラミッド構造、三角構造、トップダウンの組織を使って教育活動をするのに違和感を覚えはじめました。

個性筆®は自分の『やりたいという感覚』を取り戻し、個性や自己表現を取り戻し、人を幸せにするツールと確信してます。それを広めれば、広める人を増やせば、社会がよくなる。そう思ってはじめたことですが。

この組織の形。構造が人の成長と広がりを妨げていると感じました。

 

『自分の決定権』を持てない人が増えてしまった

「まささん。こんなことやっていいですか?」
「今度誰々とコラボレーションしたいと思ってますが、やっていいですか?」

『自分の決定権』を持てない人が増えてしまったと感じてます。

 

僕はインストラクター講座では、「個性筆を卒業するのを目標にしましょう」と伝えてきました。

「きっと個性筆で人の前に立っていくと、自分が本当にやりたいことがわかってくると思います。その練習であり、見つけたら卒業しましょう」そう伝えてきました。

これは突き放しているわけではなく、サポートを拒否しているわけではなく。『自分で考え決めていく力』がその人を最大に成長させることだと思っているからです。

だから。

個性筆インストラクターも他の協会を知る人がびっくりするくらい自由な規律にしてます。決まりがあるようでほとんどない形です。

ですが。

それを持ってしても、この組織構造により生まれる思惑とちがう結果を回避することはやりがいがあると感じてます。

今までの個性筆文字協会図式化するとこんな形。

%e5%8d%94%e4%bc%9a%e3%81%ae%e5%9b%b3

協会があって、そこから個性筆をインストラクターへ、そして生徒さんへと下ろす形を取ってきました。
しかしその結果。上記のようなことが起こってきてしまいました。

なので。

思い切って。

形を変える決断をしました。

 

個性筆文字協会から個性筆Lab(研究所)へ

新しく考えたのがピラミッドや三角の形ではない。丸い円の形であるコミュニティ。そこにファシリテート(共創支援)という力を使い、学びあって、互いに成長する新しい形を作ろうと考えました。

新しく考えたのがこの図です。

%e5%80%8b%e6%80%a7%e7%ad%86%e3%81%ae%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e5%bd%a2
前の協会の形と何がちがうかというと。まず。

 

個性筆®の著作権のコピーライト → 個性筆の著作権放棄でコピーレフト化(オープンソース化)

個性筆の商標登録を作り協会を作ったいじょう、個性筆インストラクターしか使ってはいけないことにすることでインストラクターを守ってきました。

しかし、この個性筆の著作権を放棄し、ノウハウを公開し、誰でも使っていい形にします。

旧個性筆インストラクターは今まで通り使ってください。
これからファシリテーター講座を受ける人も『個性筆』を使ってください。
そして、上記両方の講座を受けてない人も、どうぞご自由に『個性筆』という名前とノウハウをお使い下さい。

これはどういうことかというと。

これをすることによって、誰でも『個性筆』というツールを使って、自分が筆文字教室業をやる挑戦ができそのチャンスがあるということです。

自分でテキストを個性筆の内容を使って作って自由に教えていいということです。

はたまた、個性筆の内容を使って、個性筆ではない別の●●筆や●●書という教室名を作って、教室をやっていいということです。

そして、自分で責任を持って、自分の『筆文字教室』を育てていくことで、世界で1つのあなたの筆文字教室の価値を高めていってください。

 

そしてこれをすることでたくさんの筆文字教室が世の中に生まれて、筆文字業界が元気になると思ってます。

 

インストラクター講座・ファシリテーター講座を受けた人が、それらを受けてない個性筆教室に習いにいって学ぶこともあるし。

逆もしかり。

しばりのない。型もない筆文字教室が増えれば増えるほど、筆文字教室をやっている人の刺激になり、業界が元気になる。そう信じてフリーにします。

 

個性筆は商標登録を僕が取っていますが、それによってみなさんを訴えることはありません(笑)

誰かに牛耳られないように、みんなが自由に使えるように、守るために取っておきますね。

 

個性筆インストラクター講座 → 個性筆ファシリテーター講座に変更

上記で説明した個性筆の著作権放棄により、インストラクターは今後は作りません。

その変わり、筆文字教室を教えるにあたり、ファシリテート力(共創支援力)がとても重要と思っています。

人に教えない教育方法。相手の中にある答えを一緒に考え、一緒に創るお手伝いをする、よりそう教育。

その手法や、個性筆を教えるにあたって、僕が研究してる大事なあり方や、考え方、ワークショップ方法、発信や集客などをまとめて伝えて教室業を一気に加速させる講座として生まれ変わります。

内容は今までのインストラクター講座とさほど変わりませんが、日々進化してます。テキストも変更してます。

旧インストラクター、個性筆ファシリテーター講座を受けた人は、これらを学べることと、僕の個性筆の製本テキストを買って使うことができます。

個性筆ファシリテーター講座となってますが、それを受けた後に個性筆教室をする際は、個性筆ファシリテーターと名乗らなくていいです。

 

個性筆インストラクターとこれからは名乗らなくていいように変更

今までは個性筆を使うインストラクターとして名乗ってもらっていましたが。個性筆のコピーレフト化、そしてインストラクター講座からファシリテーター講座に変わり。

今までのインストラクターさんもこれからファシリテーター講座を受ける人も、両方受けてないけど個性筆を使っていきたい人も。

全員、「個性筆インストラクターの●●です。」「個性筆ファシリテーターの●●です。」と名乗らなくていいです。

「個性筆教室をやっている●●です。」

自分のもののように使ってもらって結構です。

こうすることで、あなたの個性筆教室という価値が人々に伝わり、あなたのブランドとなって、あなたの魅力となって人々に伝わっていくと思います。

 

個性筆文字協会 → 個性筆研究所(Lab)に変更

これらによって、協会はなくなります。

協会ではなく、個性筆研究所という組織名に変えました。

僕は個性筆というツールが好きなので、これからも自分でやって研究していきます。

そして、それをどんどんオープンに公表していきます。そこから筆文字教室をやっている人や個性筆教室をやっている人はどんどん学んでもらえたらと思ってます。

また、個性筆を使っている人で、「こんなおもしろいワークショップを作った!」とか「こんなファシリテート方法があった」など、個性筆がよりよくなるための情報をシェアしてくれたら、それもみなさんに公表します。

だから、個性筆を使いたい人が集まり、個々各々で実践して研究して、できる人はその研究成果をフィードバックしてみんなにシェアする。

だから研究所です。

個性筆研究所からどんどん研究生が自分の研究テーマを見つけて、巣立っていくのを教授は楽しみにしてます(笑)

 

個性筆の今後

 

草刈が今後やる教室

協会だった時は、インストラクターさんにお仕事をふるためにインストラクターがいる県では草刈は個性筆教室をやってきませんでした。

しかし今後は、タイミングをみながらできる時はやっていきたいと思ってます。

今ある教室は以下です。

●個性筆教室

●個性筆教室DVD

●個性筆実践教室

●個性筆ファシリテーター講座

●個性筆書き下ろし講座

 
今後は、個性筆実践教室もみなさんが自由に使ってもらえるように考えています。よって。

●個性筆実践教室DVD

も来年どこかで作って公開できたらと思ってます。

また。

場合によっては、ファシリテーター講座もDVDや通信講座など作れたらと思ってますが…未定です。

 

筆文字業界を超えて人々の幸せを底上げするファシリテート研究会

上記までは筆文字業界のさらに個性筆という狭い枠でしたが。

個性筆を長年やってきて、たくさんの人の課題や問題や個性や表現の探求に携わり、今1つ出ている答えは。

ファシリテート(共創支援)によるワークショップや対話の力が人も世界も救うという仮説に辿りつきました。

ファシリテートの力を学べば、教室業も、仕事も、日常生活も、確実に充実し幸せになると感じてます。

なぜなら。

すべての問題は対人にあるから。

対人との対話。

この対話に慣れること、対話のあり方、これを学び、感じ、体験し、研究し、シェアしあうことで、お互いの幸せを助け、社会の幸せを増やすことができると感じています。

筆文字業界に限らず、対話に興味がある人に広く参加してもらい。

講師も筆文字業界を飛び越えて、ファシリテータのプロや、時にはアーティストなど、様々な人を呼んで、ファシリテートについて勉強し研究しあうコミュニティを作る予定です。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%88%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5

 

上記は2017年1月1日より遂行します。

これからも新しくなった個性筆をよろしくおねがいします。