活動規約

個性筆文字協会インストラクター規約

教室受講について

再受講パスポートの作成

教室で使用するテキストの裏表紙にインストラクターは1冊ずつ『教室日付と自分のサイン』をして受講者に販売する。
できれば応援メッセージを直筆で書く。

個性筆文字協会

(海外旅行のパスポートのように、色々な先生のサインを集めて楽しんでもらうこともできるかと思います。)

※これにより再受講の際に、テキスト持参することが再受講のパスポート代わりとする。

再受講価格設定について

個性筆本教室(極意1~4を教える教室)にはインストラクター各自それぞれ自分で決めた再受講価格を用意する。
一度受けた生徒さんへのフォロー体制を作る。

再受講について

Aインスラクターの個性筆教室(極意4つを教わる教室)で受講した方がAンストラクター以外の個性筆教室を受けた時はすべて再受講扱いにする。

インストラクターは教室申込みページに再受講価格の明記をする。
そして注意事項にて他インストラクターの教室を受けた方は再受講価格で受けられる旨を記載する。

※再受講資格はテキスト持参を必須とする。裏表紙に教室開催日とサインを入れる。
教室開催の際はこの旨も伝える。

インストラクターが受講しに来た際は

各自インストラクター特別価格、またはお手伝い枠を用意して受け入れる。

お手伝いの際は無料。お手伝いのインストラクターは自主的に先生が
よりやりやすいようにお手伝いを探し工夫して手伝う。

教室受講者に協会へ以下の情報伝達の許可を取る

教室の受講者に以下の情報を伝達の許可の確認をする。

・名前(フルネーム)
・メールアドレス

協会よりメールにて個性筆教室を受けた人が参加するfacebookグループの紹介と
個性筆のサポート情報やインストラクター講座情報などを不定期で受信することができる旨を伝える。

教室開催後

教室参加者の連絡先と人数を教室開催の度に協会に連絡する

以下のページより教室に参加者した人で許可をもらった人の情報を協会に報告する。
教室参加者申込みページはこちら

また、許可が得られなかった場合も、何人教えたかを伝える。